So-net無料ブログ作成

久しぶりにブログ更新します。 [治療&薬]

5月10日(木)[晴れ]

前回、ブログを書いてからひと月以上が経ちました。
それなりに元気に過ごしています。
その間、治療としてはイレッサを服用していました。

ところが4月半ばの診察時にレントゲンの結果を見ながら
前回との比較で主治医の口から出てきた言葉は、「がんが肥えてる」・・・[がく~(落胆した顔)]

脳への放射線治療の副作用である(と言われている)、手の痺れについては
大いに自覚症状があり、薬も処方してもらいましたが効き目なし。

原発の肺に関しては、自覚症状があるものでもないので、
そっか・・・[ふらふら]
でも、イレッサも2回目だったので、まあそんなもんかもね~的に受け止めました。

じゃあ、次は何になるの~~?

それ以前からも少し聞いてましたが、
当病院で現在実施している「治験」について、改めて主治医から案内と説明がありました。

実は治験に関しては、この病気が発覚して最初の治療薬を決める際にも
勧められたのでした(お薬は今回のとは別物です)。

ただ、その時にはすでに私のがんがEGFR遺伝子変異が陽性で、
良く効く薬と評判の、イレッサが飲めるとわかっていたので、治験はお断りしました。

でも、あの頃と今とでは状況が違います。
ひとつでも多くの治療薬に時間稼ぎをお願いしなくては・・・。
ということで、治験をお願いしました。

その後、治験コーディネーターの女性から更に詳しい情報を聞きました。

『進行非小細胞肺癌患者を対象とした第3相試験』
治験薬:E7389(エイブリン) と
比較薬:私の場合はドセタキセル(主治医が決めます) のどちらかになること。
因みにエイブリンは「手術不能または再発の乳がん」の治療薬として、
すでに承認され、販売もされている薬だそうです。

その結果は前日の最終検査後にコンピューターで機械的に振り分けられ、
確率は単純に半々であること。

ということで、昨日から治験の為の入院が始まり、今日結果が出ました。
治験薬のエイブリンに決定~~[手(チョキ)]

せっかく治験やるなら、そりゃあ治験薬の方がいいですし、
たとえ採血の本数がえらく多くとも、
データ見ると、白血球の減少はどっちも高いけど、
副作用の中でも絶対嫌な、嘔吐の発現率が全然違うんです。

すべてが決まり、今夜はぐっすりと寝られるといいなぁ~[眠い(睡眠)]

今回の入院にあたり持って来た本。

大好きな宮部みゆきさんの新著2冊
120510_1.JPG

題名に惹かれてがん友さんが紹介されていたこちらも。
120510_2.JPG

何度も繰り返し、特に就寝直前に読んでいます。

新しい抗がん剤、明日スタートです!

[バッド(下向き矢印)]ランキングに参加してます。こちらにポチっとひとつお願いします。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。